文化的遺伝子ミーム(meme)とは、

リチャード・ドーキンスの進化生物学書『利己的な遺伝子』に書かれている言葉で、

ギリシア語で「模倣」を意味する〈Mimeme〉に由来する造語です。

ドーキンスの言葉を借りると

「文化伝達の単位、あるいは模倣の単位という概念を伝える名詞」のことで、

親から子に形質が受け継がれる生物進化の単位が「遺伝子ジーン(Gene)」であるならば、

文化進化の単位を「ミーム(Meme)」と呼ぼうと提案しました。

ミームとは、脳内に保存され、他の脳へ複製することが可能な情報です。

 

例えば習慣や技能・伝統といった社会的・文化的な情報で、

人工知能研究者の中島秀之の説明によると

「ミームは文化的自己複製子であり、生物学的な手段によらず人から人へ受け継がれるもの全般を指す」と説明しています。

 

『縄文文化が日本人の未来を拓く』小林達雄 ()では、

“1万年以上にわたり自然と共存共生した縄文時代は日本文化の原点となり、

世界のどの国々にもない独自の個性を生み出しました。

縄文の1万年と言うのは、長い時だけが過ぎたのではなくて、その時に文化的遺伝子と言うものがいっぱい生まれて…”

と述べています。

 

1万年以上も続き、培われた縄文という時代の文化的遺伝子ミームは、

現在の日本人の心に受け継がれています

 

私は日本人ほど文化的遺伝子ミームを受け継いでいる人種はいないと考えています。

そして、その文化的遺伝子ミームの代表は、言語と文字だと思います。

言語を90%理解するために必要な語彙数は、

フランス語(約2,000語)

英語(3,000語)

ドイツ語(約5,000語)

日本語(10,000語)です。

 

日本語はけた違いに多い

この事実からも継承した文化的遺伝子の量を感じ取れます。

 

スターブレインでは、世界に羽ばたく子供たちに日本の文化を学んで欲しいと考え、

さり気なく授業に取り入れています。

 

2023年の夏に実施した合宿では、休み時間に各自でお茶を立ててもらいました。

全員お茶の魅力を楽しみ、何度もお茶を立てて味わっていました

お茶を点てる生徒たち